×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

コスプレイヤーのための高収入・高報酬・高給与なお仕事やアルバイトのご紹介サイト「コスプレハローワーク

トップページ > 接客業でガッチリと稼ぐ

接客業でガッチリと稼ぐ

 

そもそも接客業って何?

接客業で計画的に高収入・高報酬:スプレイヤーお仕事探し求人サイト「コスプレハローワーク」 接客業とはお客様と直接的に接するサービス業の1つです。

コスプレイヤーとしての接客業にはいくつもの業種が存在しています。
主に下記の通りです。

1.同人イベントやアニメ・ゲームほかの企画での売り子
2.ゲームセンターやサブカル系雑貨店のスタッフ
3.メイド喫茶やコスプレ喫茶などお昼の接客業(水商売)
4.キャバクラやクラブなど夜間の接客業(水商売)
5.デリヘルやイメクラなどの接客業(風俗)

コスプレイヤーとしてよく聞く接客業と言えば即売イベントなどでの売り子ですが、これはスポット的な副業です。
この手のイベントは土日祝日のみに開催され、売り子を雇えるだけのサークルは多くなく、また、企業ブースで見るコスプレをまとったキャンペンガールはレイヤーではなく、芸能事務所に所属しているモデルです。

漫画やDVD、フィギュア、同人誌などを販売するショップや一部のゲームセンターやアミューズメント施設で見掛けるコスプレによる接客は、いわゆるアルバイトです。
時給は1,000円前後と比較的高めに設定されてはいますが、交通費や諸経費の支給はありません。
衣装持込でメイク、ウィッグ、カラコン常備で支度に時間がかかりますから実務以外を含めた拘束時間でならすと普通のアルバイトと同程度の給与にしかなりません。

「3.メイド喫茶やコスプレ喫茶などお昼の接客業」と「4.キャバクラやクラブなど夜間の接客業」は、実はほぼ同じです。
世間的なイメージでは3の方が4よりも健全に見えるようですが、実際には経営陣や資本の出所が同じケースがほとんどです。
これは風営法と呼ばれる法令や条例に含まれるか否かの違いだけで実質的には水商売となります。
簡単に言いますと、3は時給の低めな水商売、4は時給の高めな水商売、となります。
一般に、お昼の時間帯に営業をしている3の方がイメージがよく聞こえますが、法令や条例逃れの側面、イメージ戦略やターゲット戦略の違いなどから悪質なケースも多く、約束通りの給与とならない場合が多いです。
これは、チラシ配り(ビラ配り)、などから見てとれます。よくメイド喫茶で働くスタッフがチラシ配りをしておりますが、これは条例においてはグレーゾーンです。キャッチと呼ばれる客引きはどの自治体でも禁止行為となっているケースがほとんどですが、チラシ配りはこれに該当しないと言う条例逃れの行為となります。
実際、4のような夜の水商売では、女性スタッフが自らチラシ配りをするケースなどほとんど見られません。
これは何も3のようなお店だけでなく、居酒屋や美容院、飲食店、エステ、ウェルネス事業ほかでも見られますが、一般に世間のイメージ的に問題ない業種においても本来、チラシ配りは条例に引っ掛からないだけであり、しかし、まともな行為ではありません。
むしろ、法的に様々なしがらみのある夜間の水商売の方が安全なのです。勿論、経営陣のモラルによってその振り幅は大きく違います。

5はいわゆる風俗、性風俗業種に該当します。
実は4も法令的には風俗業です(3も一部風俗業に含まれます)。ですから、5の場合、正しくは性風俗となります。
性風俗業界は、一般的に怖いイメージがあると思いますが、実際には法令的に雁字搦めです。ですので、余程のことがない限り、まともです。
まともと言うのは、信用が得られにくい業種だけに金銭の流れがまとも、と言う意味です。つまり、給与支払いなどに関してです。
勿論、暴力団が絡んでいたり、法令遵守していない性風俗店もたくさんあります。
例えば、繁華街などで見掛けるフリーマガジンと呼ばれる無料の水商売・風俗店紹介誌を見れば一目瞭然ですが、異常に高給を約束している求人を見掛けます。
サービス価格(お客様が支払う利用料金のこと)を見れば一目瞭然ですが、サービス価格が他店と同額なのに、スタッフへの給与が高くなるはずがありません。
性風俗業は額面はそれなりになりますが利益の薄い業種(人件費が高額故に)ですから、あまりにも高額な給与を約束しているところは疑って間違いありません。

コスプレハローワークがおすすめするのは4と5です。
その理由は、まず高収入を得ることが本サイトの目的ですから、普通程度の収入のお仕事を紹介する意味がありません。
1の場合、臨時的な副収入のみですし、2や3の場合、通常の求人で十分です。
4や5の場合、しっかりしたところとそうでないところの差が大きく、大変、分かりづらい業種です。
スタッフをとにかく集めたい、そう言うでたらめたところも多く存在し、約束の収入を得られないどころか法的に問題の抱えているお店も数多くあります。

コスプレハローワークでは、特に4と5において、約束された給与支払いが確実に実施されるお店、法的に問題のないお店、衛生管理や健康管理がしっかりなされているお店ほか、安心で安全なお店のみを厳選してご紹介いたします。

接客業における種別とその報酬

ソープランド
給与 ⇒ 3万〜15万(1日の平均額:保証額や品質、客層による)

お店があり、その店内でお客様への高級サービスがある接客業です。
風俗店には保証制度と言うものが存在し、1日、もしくは勤務時間によって得られる最低賃金をお店側が保証(支払いを約束)するシステムがあります。
例えば、保証額が1日7万円だとすれば、最低でも1日の給与は7万円となります(勿論、それ以上の売上があればもっと支払われます)。
保証制度により収入額を出勤日数で計算出来ますから、目標とする収入の計画を立てることができます。
例えば、上記のような1日7万円保証で20日出勤すれば最低でも月収140万円を得ることができます。
注意すべき点は、保証額が誇大・虚偽表示されている、または勤務日数に上限があるお店です。この場合、実際に支払われる給与は予想よりも遙かに小さくなってしまいます。

ご応募・ご相談はこちら

デリヘル/イメクラ/ファッションヘルス/性感マッサージ/ホテトル
給与 ⇒ 2万〜10万(1日の平均額:保証額や品質、客層による)

お店がある場合とない場合の両方のケースがあり、サービスそのものも店内、または店外のホテルなどで行う場合など、多種多様な接客業です。
このタイプの接客業では、本番行為と呼ばれるサービスはありません。
上述のソープランド同様、保証制度と言うものが存在し、1日、もしくは勤務時間によって得られる最低賃金をお店側が保証するシステムがあります。ただし、ソープランドのような高給サービス店ではないため、保証がないケースもあります。
例えば、保証額が1日4万円だとすれば、最低でも1日の給与は4万円となります(勿論、売上が高ければより多くの給与が支払われます)。
保証制度により収入額を出勤日数で計算出来ますから、目標とする収入の計画を立てることができます。
例えば、上記のような1日4万円保証で20日出勤すれば最低でも月収80万円を得ることができます。
注意すべき点は、保証額が誇大・虚偽表示されている、または勤務日数に上限があるお店です。この場合、実際に支払われる給与は予想よりも遙かに小さくなってしまいます。

ご応募・ご相談はこちら

キャバクラ・高級クラブ・ガールズバー
給与 ⇒ 1万〜5万(1日の平均額:保証額や品質、客層による)

お店のボックスシートでお客様の隣りに座って接客するのがキャバクラや高級クラブ、カウンター越しに接客するのがガールズバーです(ホールスタッフと呼ばれる直接お客様と接客しないスタッフも存在し、このホールスタッフが女性の場合、エスコートなどと呼ばれます)。
給与は、時給制、ポイント制、歩合制、また、これらの組み合わせによって支払われます。
性風俗業種とは異なり、主に時給から給与換算します。
時給は地域によってかなり異なりますが大体2,000円〜6,000円程度です。高級店であれば時給は高くなりますし、お店独自のポイント制や歩合制もありますのでこれが全てとは言えません。また、スナックなどでは日給での給与計算もありますが、概ね、高収入とまではいきません(お店によります)。
大変競争の激しい業種であり、求職者の数も多いため、確実に高収入を得ることができるとは言い切れません。
一般的には、お昼のお仕事よりは短時間・短期間で同程度を稼ぎ出す程度、とお考えください(平均的にならすと常時月収50万円以上稼いでいるホステスは多いとは言えませんし、月収100万円以上稼ぐホステスは一握りです)。

ご応募・ご相談はこちら